土地と不動産活用のケース

土地と不動産活用のケース

土地と不動産を活用した方法にはメリットとデメリットがあります。

 

定期借地、駐車場経営、アパートやマンション・住宅等の経営や不動産売買。

 

色々な活用方法がありますが、何が利益が出て損失を被るかは状況によりますからどういう活用方法が良いとは断言できません。

 

 

 

借地として使う時には、固定資産税が小さく、安定的に地代を得られる可能性が高いです、利用者が納得いく賃料設定の難しさがあります。

 

生協の配達サービス利用

 

駐車場経営の場合は、投資金額が少なく活用出来ますし、他の事業に転じたり、売却もスムーズに出来ます。

 

ただし、固定資産税が住居用に利用するよりも高くなります、場所によっては借り手を見つけるのが困難です。

 

 

 

土地と不動産を活用する時には税金の事や管理の事、また環境によってふさわしい活用方法を選択する必要があります。

 

土地や不動産を利用したビジネスを行う時は、初めての頃は自分にとって何が向いているか解り辛い所があります、共同での経営や投資を行ったり、業者に間に入って貰う等で知識を得ていくのも1つの方法ですし、周りに良いアドバイザーが居ればそういう方について学ぶのも良いです。

 

最近ではネット等を活用して色々な知識を得る機会もあります。

不動産取得時は土地と建物を同時に

 

不動産を購入するには、おそらく人生の中でもトップクラスの一大決心が必要になることでしょう。

 

決して安い買い物ではありませんから、悩みに悩んで購入を決定する方も少なくありません。

 

不動産というのは、土地とその定着物を指しています。つまり、住宅を購入する場合は土地と住宅が合わせて不動産ということになります。

 

 

 

さて、建売物件を購入する場合はすでに土地と建物が一体化しているも同然ですから、それぞれ別のローンを組む必要はありません。

 

手続きも非常に楽なので、不動産購入時には建売の方が手間が少ないと言えます。

 

ですが土地と建物を別に購入するとなると、場合によっては若干扱いが変わってくる場合があります。

 

一般的には土地と建物を別の不動産会社から購入する場合でも、ローンは一本化してしまうことの方が多いです。

 

ですが土地の購入と建物の購入時期がずれてしまっていると、ローンを1つにまとめられない可能性も出てきてしまいます。

 

 

 

土地と建物を別に購入する場合には、土地にも強い建築会社を利用すると良いでしょう。

 

建築会社なら購入する土地を決めると同時に建物のプランを作ることができるので、ローンの一本化もしやすくなります。

 

一本化しておかないと手数料などが2回必要になるので、不動産取得時には土地と建物をまとめて検討しましょう。

忍耐と努力が必要、土地・不動産の購入

 

新築の家を建てる際に、土地探しをしました。

 

最初は、インターネットを使用すれば簡単に希望通りの土地が見つかる、と思っていましたが、大間違いでした。

 

土地探しの場合、大抵がインターネットの情報から、不動産屋にアクセス、その後不動産屋を訪れて情報を確認し、目星をつけた土地を実際に見に行く、という流れになります。

 

 

 

インターネットを使わない人もいるでしょうが、大まかな情報を把握するのには、インターネットはうってつけです。

 

しかし、インターネットで見た土地の写真イメージと、実際に見る土地から受ける印象とが、大きくかけ離れていることがほとんど。

 

土地の写真は、土地そのものしか写真に写っていないため、周囲の状況が分かりません。

 

これが落とし穴です。

 

実際足を運んでみると、深い山の中であったり、高低差の激しい土地であったり……。

 

 

 

インターネットに頼らず、不動産屋に飛び込みで助けを求めましたが、どこに行っても同じ物件ばかり見せられ、目新しいものはほとんどありません。

 

色々と情報を漁っているうちに、本当に良い土地というのは、市場に出回る前に売れてしまっているものだ、ということが分かってきました。

 

解体工事中や、更地になった途端、もしかすると、もっとずっと早い段階で、近隣の人や近所の不動産屋がその土地をすぐに抑えてしまうのです。

 

つまり、良い不動産は広く募集をかけずとも、すぐに買い手が見つかるというわけです。

 

 

 

この事実に直面した時はショックでした。

 

当時の私たち家族は、住みたいと思っている所から、遠く離れた場所に住んでいたため、住みたい土地の情報が、集めにくい環境にあったからです。

 

良い土地情報を持っている不動産屋に、タイミングよくコンタクトを取れるかということにかかっているため、ある意味運次第なのですが、運を呼ぶためにすべきことがあります。

 

 

 

不動産屋のサイトにまめにアクセスし、できれば不動産屋と懇意になっておくこと。

 

ポイントは、不動産総合サイトではなく、個々の不動産屋自体のHPをチェックすることです。

 

先にも述べたように、本当によい物件は、近隣の不動産屋が抑えている場合が多いため、総合サイトに載る情報とは鮮度が違うのです。

 

さらに、自分で希望する場所の近隣を、うろついてみるのも手です。

 

解体工事中の家や、更地を見つけると、すぐに担当している不動産屋へ連絡してみます。

 

 

 

不動産屋に連絡した時点で、もう買い手が付いていても、すぐに諦めてはいけません。

 

不動産売買はローンの仮審査に通ってから成立するものなので、もし何かの都合で1番手さんがローンの仮審査に落ちた場合、2番手に土地を手に入れるチャンスが巡ってくるからです。

 

是非とも、順番を取っておくべきでしょう。

 

そうして私の場合は、運よく、ある不動産屋のサイトで、新しい土地情報を手に入れることができ、無事購入にたどり着けました。

 

ちなみにその土地における私の順番は2番手でしたが、1番手さんがローン審査に通らなかったという経緯です。

 

 

 

不動産購入は、ネットショップやスーパーで品物を買うのとは全く違う購入方法なのだということを、心得ておかなければなりません。

 

時間がかかるので、数年前から行動を開始しても、早すぎることはないと思います。